銀行のローンは保証人が必要となる場合も

一般的なカードローンサービスでは、担保や保証人は要りません。銀行の場合も、そう宣伝してますが、保証会社が保証人になるのです。ですから、利用者が保証人を探して手続きをするのではなく、銀行が指定する保証会社の保証を受けられなければ融資サービスを受けられません。

 

さて、この保証会社ですが、イメージ通り融資を受けた人が返済できなくなれば、代わりにお金を支払います。銀行側は、保証料を保証会社に支払うのです。これを、代位弁済といいます。

 

この場合、保証会社が返済を代行する形になりはするものの、融資を受けた人の返済の義務が銀行になくなっただけであり、代わりに保証会社へ返済しなければならなくなるのです。返済義務が保証会社へ移ると、銀行に返済してた条件でできるということは、ほぼありません。
オリックス銀行カードローン利用時の保証会社審査

 

金利が高くなるのはもちろんのこと、ケースによっては一括で返済をしなければならなくなることもあります。また、銀行の利用する保証会社は、大手の消費者金融の場合が多いです。

 

ですから、返済が遅れても取り立ては厳しくないだろうとタカを括ってると、返済総額が増えるだけでは済まなくなる場合もあります。この点は、特に注意しなければなりません。